税理士の選び方|事業性格・サービス品質・顧客満足度で選ぶ経理知識

税理士選びに失敗しない社長は、税理士の事業性格とサービスの品質で税理士を選ぶ。

そして結論を言うと、最終的に会社が満足する税理士かどうかで決まる。

  • 経理や税務対策の助言をくれる
  • 決算での利益や税額の予測を教えてくれる
  • 融資などの資金繰りのアドバイスをくれる

会社がよく税理士に求める仕事だと思います。

 

しかし「求めること」と「満足すること」は少し意味が違う。

税理士に求めた回答に対して会社側の問題解決がなければ、

それは満足したとは言えない。

 

最近、私のところにも多くの会計相談が寄せられる。

税理士が言っている意味が解らないので、正しい会計処理を教えてほしい

 

税理士は会社にとって最も身近なアドバイザーだと言われる。

しかし、現実では助言を受けても問題が解決できずに困っている会社が多い。

 

悲しい現実ですね。

これでは会社が満足するどころか、税理士が役にも立っていません。

 

このような理由を背景に、税理士を見極める方法を整理した。

税理士選びに失敗しない社長が税理士を決める3つ方法を紹介する。

 

 

税理士の事業性格

税理士に「あなたの仕事は何業ですか?」と質問する。

  • 税理士業と答える者
  • サービス業と答える者

このように回答が2極化すると思います。

あなたはどちらの税理士に仕事を任せたいですか?

 

私であれば「サービス業」と答える税理士を選ぶ。

なぜサービス業と答える税理士を選ぶのか?

それは「自分の仕事をビジネスだと捉えていると分かる」からです。

 

ビジネスである以上、顧客の満足度を最優先に考える。

なぜなら、税理士自身も経営者だからです。

 

あなたの顧問税理士は、満足する答えを返してくれますか?

可もなく不可もなくであれば、それは不満足である。

 

会社を経営する社長は、汗水たらして毎日真剣にビジネスへ取り組んでいる。

可もなく不可もなくの商品やサービスを提供しないですよね?

 

経営者としての自覚がある税理士も同じです。

自分のサービスに価値がなければ、顧客が離れることを分かっている。

 

それに税理士も同じ経営者であれば、腹を割って話ができると思いませんか?

少なからず税理士業の先生よりかは、くだけた話ができると思う。

 

そこに税理士の事業性格の差が生まれる。

 

税理士選びに失敗しない方法①

経営者として自覚を持つ税理士を選ぶ。

 

実際にはどのようにして、税理士の事業性格を見極めるのか?

 

会社を経営する社長であれば、簡単に見極めることができる。

あなたと同じように経営者として努力する税理士を選べばよいのです。

 

当然の話であるが、会社と税理士はビジネスパートナーである。

その関係性は常に対等であるべきだと考えます。

 

税理士のサービス品質

税理士は大体どこも同じサービスを提供している。

どこも同じであれば、何で判断すればよいのか?

 

それはサービス品質である。

 

品質と言ってもどう評価すれば良いか分からない。

なぜなら、価値基準が備わってないからである。

まず、その価値基準を決めることが大切なのです。

 

それでは税理士のサービス品質に何を求めるか?

私であれば次のとおりに答える。

  • 正確な処理
  • 迅速な対応
  • 解りやすい説明

 

なぜ、この3つを選んだのか?

それは私がいつも心がける品質理念だからです。

 

自分の品質理念より劣るサービスを購入したいだろうか?

私であれば同等かそれ以上のサービスを購入したいと思う。

 

税理士が提供するサービス品質の評価も同じです。

最終的に評価を決定するのは、自社の品質理念の価値基準になる

 

この価値基準のズレが、いずれ税理士への不満につながります。

 

税理士選びに失敗しない方法②

自社の品質理念と比較して、同等か優る品質理念を持つ税理士を選ぶ。

 

実際にはどのようにして、税理士のサービス品質を見極めるのか?

 

会社を経営する社長であれば、簡単に見極めることができる。

自社の商品やサービスの価値を世間に伝えるために何をしてますか?

広告媒体やホームページなどのメディアを通じて宣伝していると思う。

 

経営の価値感が合う税理士であれば同じ動きをする。

 

それを参考に自社の品質理念と比較して同等かそれ以上かで選ぶ。

その後、税理士を何人かに絞り込み、サービスの比較すればよいのです。

 

当然の話であるが、価値観の合わない税理士とは上手くいかない。

 

自社の品質理念と税理士の品質理念の価値が合っていることは、

経営においても価値観が近い傾向にある。

ビジネスパートナーとして価値観が近いことは、大きなメリットとなります。

 

税理士の顧客満足度

顧客満足度が高い者とは、どのような税理士だろうか?

  1. 最新の会計や税務の情報を提供してくれる。
  2. 決算申告や税務調査の対策を指導してくれる。
  3. 必要な時に改善策の提案や問題を解決してくれる。

 

などなど...挙げられるでしょうか。

 

あなたはこの中で、どの税理士を選びますか?

 

全部!と答える声が聞こえてきます。

確かに全部大切ですよね。

 

しかし、私は3番の税理士を選びます。

 

私が3番を選ぶ理由を営業マンで例えてみる。

あなたの会社に営業マンが御用聞きに来たりしませんか?

営業マンは御用聞きで、あなたの会社のビジネスを把握します。

 

あなたのビジネス状況に合わせて、今あったら便利だなと思う商品を売り、

あなたのビジネスで今後必要になりそうな商品を提案してくれると思います。

 

税理士も同じである。

 

会社を経営する社長の関心はビジネスにおける業績です。

税理士が提供する最新の会計や税務の情報を覚えたい訳ではない。

決算申告や税務調査についても同様である。

 

ただ、会計や税務の上で発生する問題があるので、必要に応じて解決したいだけです。

 

したがって、税理士が今後必要になる改善策の提案をくれたり、

必要な時に問題の解決に動いてくれることを会社は望むのです。

 

つまり、必要な場面で必要なことをする税理士に満足を感じる。

それが専門家である税理士を顧問とする理由なのです。

 

税理士選びに失敗しない方法③

営業マンと同じ視点で顧客と向き合う税理士を選ぶ。

 

実際にはどのようにして、顧客満足度の高い税理士を見極めるのか?

 

それは、税理士と契約してみなければわかりません。

実際に税理士を顧問にして、仕事を通じて分かってくる。

 

税理士との仕事を通じて、信頼できる「最も身近なアドバイザー」となり、

最終的には会社を守る盾として「ビジネスパートナー」だと認めることができたなら、

それは顧客の満足度の高い税理士であるでしょう。

 

税理士選びに失敗しない方法のまとめ

結論を書きます。

税理士選びに失敗しない社長は、経営者として同じ価値観を持つ税理士を選ぶ。

 

税理士の「事業性格」「サービス品質」「顧客満足度」をまとめると、

税理士選びに失敗しない社長が望む税理士は次のとおりとなる。

  • 経営者として自覚があること
  • 顧客と同等又は優る品質理念があること
  • 営業マンと同じ視点で顧客と向き合うこと

 

世間一般に見ても、どの会社でも持合せる当然な価値観である。

つまり、私たちと同じ経営感覚を持つ税理士を求めるのです。

 

国家試験に合格することは難しいことです。

しかし、会社を経営し存続させることはもっと難しいのである。

経営者として顧客のために最善なサービスを提供する税理士を選ぶのは必然なのです。

 

税理士紹介

税理士探しなら税理士ドットコムを利用するのがおすすめ!

税理士選びのポイントはたくさんの税理士と会うこと。

多くの税理士に会っても相談者には一切費用が発生しないので安心して税理士を探せますよ!

\ 何人でも無料で紹介 /

税理士ドットコムの詳細を見る

税理士報酬の引き下げ実績も多数!

-経理知識

Copyright© Office SAS , 2020 All Rights Reserved.