おすすめ会計ソフト!どうしてfreeeは個人事業主に人気なのか?

Partner
freeeが提供する会計ソフトは人気があるんだよね!
そのとおり!クラウド会計シェアNo1になったんだよ。
Office SAS

たくさんの個人事業主がfreeeを使って確定申告をおこなっています。どうして、個人事業主から人気になったのか?

それは、あなたの経理を楽にする魔法のシステムが導入されているからです。

今回、この記事でわかることは以下のとおりで、freeeがどのような会計ソフトなのかを知りたい方に向けた記事になります。

この記事でわかること

  • freee会計が人気な理由
  • freee会計の便利な機能
  • freee会計の料金プラン

税務会計の経験が20年以上ある筆者が経営コンサルタントの視点で、freeeが個人事業主から人気になった理由を解説してきます。

会計ソフトの導入を検討している方は、ぜひに最後まで読んでほしい。

きっと新しい発見があります。

freee会計が人気になった3つの理由

Partner
freee会計が人気になった理由を知りたいわ!
ユーザーに優しいシステム設計がポイントだよ!
Office SAS

誰でも簡単に経理作業ができる

独自のシステム設計が魅力

freeeが提供する会計ソフトは、誰でも簡単に操作できる、ところが魅力です。この魅力を支えているのが、独自のシステム設計にあります。

このシステム設計は、会計ソフトに経理の自動化機能を組み込むことによって、簿記を知らなくても操作できる会計システムを実現しました。

ユーザーのストレス緩和に

freeeの会計システムでは、煩わしい銀行預金データ経費レシートの処理も自動入力が可能に。経理の自動化のおかげで、ユーザーが抱えていた経理のストレスは緩和されました。

このようにfreee会計が人気になったのは、ユーザーに優しいシステム設計が個人事業主から支持された結果なのです。

\ 経理初心者でもサクッと確定申告/

freee会計を無料で試す

簿記知識は不要!誰でも使えるクラウド会計

場所を選ばずにどこでも利用できる

独自のクラウドシステムが魅力

freeeが提供する会計ソフトは、場所を選ばずどこでも作業できる、ところが魅力です。使い勝手のよい利用環境が生まれた理由は、独自のクラウドシステムにあります。

このクラウドシステムは、freee専用のアプリを使うことでスマホ・タブレットの利用が可能に。これによりディバイスよる制限がなくなり、場所を選ばずに作業が可能になったのです。

経理の利便性と効率性がアップ

freeeのクラウドシステムは、利用環境によって、電車移動中はスマホ職場や自宅ではパソコンなど、ディバイスを使い分けた経理作業が可能です。

このおかげでユーザーには自由な環境が生まれ、経理の利便性と効率性がアップしました。

このようにfreee会計が人気になったのは、使い勝手のよいクラウドシステムが個人事業主から支持された結果なのです。

\ 経理初心者でもサクッと確定申告/

freee会計を無料で試す

簿記知識は不要!誰でも使えるクラウド会計

わからないこともすぐに解決できる

すぐに知りたい情報へアクセスできる

freeeが提供する会計ソフトは、使い方を知りたいときに、すぐに知りたい情報へアクセスできるところが魅力です。この魅力を実現したのは、freee会計のユーザー数にあります。

freeeがクラウド会計シェアNo1になって、ユーザー数が多い=解説サイトが多いという現象が起きました。その結果、ネット検索により知りたい情報へのアクセスが容易になったのです。

疑問点をピンポイントで解決しやすい

実際にGoogleでネット検索すると、会計ソフトの使い方だけでも数万件の検索結果がヒット。また、YouTubeでもたくさんの解説動画を確認できました。

freee会計のユーザー数が多くなって、会計ソフトの使い方を解説する人も急増加。ユーザーは、会計ソフトの疑問点をピンポイントで解決しやすくなりました。

このようにfreee会計が人気になったのは、知りたい情報へのアクセスの良さが個人事業主から支持された結果なのです。

\ 経理初心者でもサクッと確定申告/

freee会計を無料で試す

簿記知識は不要!誰でも使えるクラウド会計

freee会計で人気がある便利機能

Partner
freee会計で具体的にできることを知りたいわ!
freee会計には便利な機能がたくさんあるんだよ!
Office SAS

銀行口座やクレジットカードとの連携機能

©freee.co.jp

経理作業の手間が大幅削減

freee会計では、銀行口座やクレジットカードの取引情報を自動取得します。

具体的には、インターネットバンキングやクレジットカードとの連携機能によって、会計帳簿に取引情報を自動で取り込めます。

日付金額取引先といった情報はもちろんのこと、勘定科目も自動的に推測するので、経理作業の手間を大幅に削減できるのです。

連携機能を使える銀行も多い

連携機能に対応している金融機関やクレジットカード会社はたくさんあります。

大手銀行を初めとして地方銀行や信用金庫の多くが対応可能です。クレジットカードも、金融機関系カード、アメックス、ダイナースなど多数のクレジットカード会社が対応しています。

さらに詳しく

スマホ用アプリを利用した経費精算の機能

©freee.co.jp

経費精算はスマホの専用アプリで

freee会計では、スマホの専用アプリで経費レシートを自動で帳簿入力できます。

具体的には、専用アプリの撮影機能によって、経費レシートの取引情報を読み取ります。読み取った情報は、会計帳簿に自動入力されます。

専用アプリの撮影機能はAIがレシート画像から文字情報を解析して取引情報を抽出します。また、高精度なOCRの読み取りができるので、傾いたレシートも補正して読み取ります。

スマホが故障しても問題ありません

スマホが故障したりレシートが読み取れないときは手動で経費を登録します。

経費レシートの情報を家計簿をつける感覚で手動で入力。そのあとは自動的に複式簿記に変換してくれるので、簿記の知識がなくても迷わずに帳簿入力ができます。

\ 経理初心者でもサクッと確定申告/

freee会計を無料で試す

簿記知識は不要!誰でも使えるクラウド会計

請求書の作成機能とPOSレジとの連携機能

©freee.co.jp

取引先に請求書を発行できます

freee会計では、取引先に発行する請求書見積書納品書が作成できます。

取引先への掛売上があったときは、請求書の作成機能を使います。請求書を作成したあとは、請求金額を自動で帳簿入力が可能。売掛金の入金処理も簡単に登録できます。

請求書の発行はメールを利用して取引先に送れます。請求書を確認したかどうかの既読通知を取引先から受け取ることもできるので安心です。

POSレジとの連携機能も充実

freee会計では、レジシステム(POSレジ)と連携して帳簿入力ができます。

POSレジと連携することで毎日の売上金額やカード決済手数料を自動で帳簿入力します。連携機能は、Airレジ、Squre(スクエア)、スマレジ、ユビレジなどが利用できます。

\ 経理初心者でもサクッと確定申告/

freee会計を無料で試す

簿記知識は不要!誰でも使えるクラウド会計

確定申告書及び青色申告決算書の作成機能

©freee.co.jp

〇✕質問で簡単に確定申告

freee会計では、税務署に提出する確定申告書青色申告決算書が作成できます。

自分ひとりで確定申告できるように、誰でも理解できて簡単に作業できるシステムが設計されています。なお、青色申告書白色申告書に対応しています。

基本的には会計帳簿と連携して確定申告書が作成されます。実際の作業では、ガイダンス画面に沿って質問に答えるのみで、〇✕質問に応じて必要な情報を入力すれば完了です。

電子申告もfreeeにおまかせ

freee会計では、電子申告にも対応しているので青色申告特別控除を受けられます。

青色申告者は電子申告により最高65万円の特別控除を受けられます。なお、パソコンで申告するので税務署に行く必要もなく、土日祝日も関係なく24時間対応で申告できます。

\ 経理初心者でもサクッと確定申告/

freee会計を無料で試す

簿記知識は不要!誰でも使えるクラウド会計

freee会計で人気がある料金プラン

Partner
freee会計を利用するための料金体系を知りたいわ!
freee会計の料金プランと人気プランを紹介するね!
Office SAS

3種類の料金プラン

freeeが提供する会計ソフトの料金プラン

freee会計では、3種類の料金プランが提供されています。

料金プランスタータースタンダードプレミアム
年払い11,760円23,760円39,800円
月払い1,180円2,380円年払いのみ

料金プランの中ではスタンダードが人気のプランです。また、会計ソフトの利用料金は、個人事業の必要経費として落とすことができるので安心してください。

税理士に依頼するよりも断然に安い

freee会計を使って自分で確定申告すれば、もちろん税理士費用も掛かりません。

例えば、税理士に帳簿作成と確定申告を依頼すると、年間10万円から20万円の費用が発生します。逆に、freee会計のスタンダードプランでは年間2.4万円程度の費用しか掛かりません。

両者を比べてもわかるとおりに、freee会計を使った方が断然にお得だと言えるでしょう。

\ 経理初心者でもサクッと確定申告/

freee会計を無料で試す

簿記知識は不要!誰でも使えるクラウド会計

料金プランの詳細内容

スタータープラン

freee会計のスタータープランは、最低限の機能で確定申告を済ませたい方向けです。

必要最低限の機能しか使えないので「消費税申告」「各リポート表示」「電話サポート」「税務調査サポート補償」が使えません。また、スマホアプリの機能も一部制限があります。

このようにスターターは、お金を掛けずに使ってみたい方に最適なプランになります。

スタンダードプラン

freee会計のスタンダードプランは、経理の効率化から確定申告まで行いたい方向けです。

このプランでは「電話サポート」と「税務調査サポート補償」以外の全ての機能が使えます。メール・チャットサポートが優先対応で利用できるので、まったく不自由もありません。

このようにスタンダードは、料金と機能のバランスを取りたい方に最適なプランになります。

プレミアムプラン

freee会計のプレミアムプランは、確定申告のトータルサポートを受けたい方向けです。

このプランでは、全ての機能が使えます。特に税務調査サポート補償は、もしもの税務調査時に税理士の無料紹介や税理士費用を最大50万円まで補償してもらえます。

このようにプレミアムは、料金が高くなっても安心したい方に最適なプランになります。

\ 経理初心者でもサクッと確定申告/

freee会計を無料で試す

簿記知識は不要!誰でも使えるクラウド会計

おすすめ会計ソフト「freee会計」のまとめ

Partner
freee会計がおすすめなところがよくわかったわ!
最後に、今回の記事を軽くおさらいしましょう!
Office SAS

freee会計が人気な理由

freeeが提供する会計ソフトが人気な理由は「ユーザーに優しいシステム設計」「使い勝手のよいクラウドシステム」「知りたい情報へのアクセスの良さ」が支持を受けた結果になります。

freee会計の便利な機能

freeeが提供する会計ソフトには、便利な機能が満載です。連携機能による経理の自動化やアプリを利用した経費精算などは、簿記を知らないユーザーにとって魅力的な機能になります。

freee会計の料金プラン

freee会計の料金プランは、スタンダードプランが人気です。実際に料金プランを選択するときには、料金と機能のバランスを考慮してから選ぶと良いでしょう。

使ってみることが大切

freee会計の実力を体感するためには、まず使ってみることが大切です。

freeeアカウント新規作成(無料)で必要な情報を登録をすることにより、あなたが希望する料金プランを30日間無料で利用できるようになります。

あなたの経理を楽にする魔法のシステムを体感してみてください。

個人はfreee会計!

個人事業主やフリーランスの必勝ソフト!経理&確定申告はfreee会計におまかせ♪

経理知識がない初心者でもサクッと確定申告できちゃいます♪

経費レシートはスマホ撮影で自動入力★銀行口座やクレジットカードの明細はデータ連携で取り込み可★確定申告ガイドの〇✕質問に答えるだけで簡単に申告書作成★電子申告対応だから青色申告特別控除65万円もゲット★

これであなたも大変な経理&申告から解放です!

\ 経理初心者もサクッと確定申告 /

freee会計を無料で試す

簿記知識は不要!誰でも使えるクラウド会計

 

  • この記事を書いた人

Office SAS

中小企業者向けの経営コンサルティングに従事。経理、税務、法務、労務などのバックオフィス歴は20年以上。経営コンサルタントの視点でビジネスに役立つ生きた情報を配信。新しい発見をモットーにブログを更新していきます。

© 2022 Office SAS