貸借対照表と損益計算書|決算を読む上で必ず知っておきたい経理知識

会社が確定申告をするときに、決算報告書も添付しますよね。

これって実際にちゃんと見たことありますか?

 

決算申告の時に、税理士からも説明を受けると思います。

税理士の説明が難しくて、聞き流しがちな人も多いかもしれません。

 

しかし、実は決算報告書には、とても重要な情報が書かれています。

それは、会社の財政状態と経営成績である。

 

この情報は会社の経営状況を把握するのに必要不可欠な情報である。

そして、この情報を読み取るために必要な会計書類があります。

 

それが、貸借対照表と損益計算書である。

 

貸借対照表と損益計算書には、それぞれ情報の読み方がある。

この読み方を覚えることは、有益な経営状況の把握につながります。

 

今回は、貸借対照表と損益計算書の果す役割と読み方をご紹介します。

貸借対照表と損益計算書の役割

貸借対照表と損益計算書は、会社の財政状態と経営成績の情報が得られる。

この情報には、主に2つの役割があります。

 

  • 株主、債権者、税務署などの利害関係者に対して経営状況を報告する
  • 貸借対照表と損益計算書から得られる情報を会社の経営に活用する

 

実際の運用では、貸借対照表や損益計算書を月次・四半期・年次ごとに把握する。

それより会社の財政状態や経営成績の改善、法人税などの節税対策に利用されます。

 

それでは、具体的に貸借対照表と損益計算書の中身について見ていきましょう。

 

貸借対照表は財政状態を教えてくれる

まず、「たいしゃくたいしょうひょう」と読む。

英語ではB/S(バランスシート)とも呼ばれます。

 

貸借対照表とは、とある時点の財政状態を報告する会計書類である。

 

期間ではなく、時点であることが重要です。

したがって、貸借対照表の日付は「〇〇年〇月〇日現在」と表記される。

 

貸借対照表は、時点で表す会計書類だと必ず覚えてくださいね。

 

貸借対照表の見方【基礎編】

貸借対照表の「左側の欄」と「右側の欄」は呼び方がある。

  • 左側=借方(かりかた)
  • 右側=貸方(かしかた)

 

これは、簿記でも頻繁に使われる言葉です。

 

税理士と話す際も、話に出てくるかもしれません。

覚えておくと便利です。

 

① 貸借対照表の右側(貸方)

貸借対照表の貸方は、負債と純資産で構成される。

そして、負債と純資産を合わせて総資産と呼びます。

 

総資産=負債+純資産

 

貸借対照表の貸方(総資産)は、会社がどのように事業資金を集めたか分かる。

  • 他人資本=負債
  • 自己資本=純資産

 

他人資本

他人資本とは、外部からの借入などの返済が必要な負債を示す。

  • 金融機関からの融資(借入金
  • 取引先からの仕入のツケ(買掛金

 

自己資本

自己資本とは、自己または第三者の出資などの返済不要な純資産を示す。

  • 自己資金や投資者の出資金(資本金
  • 会社利益(当期純利益利益剰余金

 

② 貸借対照表の左側(借方)

貸借対照表の借方は資産のみで構成される。

 

資産は、総資産(他人資本や自己資本)を集めた結果である。

つまり、その結果が事業資金として、どのように活用されているか分かる。

 

資産=総資産

 

資産

資産とは、事業資金の活用の結果として、会社が持っている財産を示す。

  • 集めた事業資金(現金銀行預金商品建物器具備品など)

 

貸借対照表の読み方【応用編】

貸借対照表を読むにはポイントがあります。

  • 長期や短期といった視点と読むこと
  • 純粋な財産がどれだけあるかを読むこと

 

この内容を踏まえたうえで、具体的に見ていきましょう。

 

① 貸借対照表の借方「資産の部」

資産の部は、次の情報を読み取ることができる。

 

流動資産

短期(1年以内)に現金化できる財産

 

固定資産

長期に渡り保有する財産

 

繰延資産

創業時や開業時の費用の未償却資産

 

メモ

繰延資産は特殊な資産である。

  • 会社の創業前までに使用した創業費
  • 会社の開業前までに使用した開業費

創業費や開業費は、設立から5年で毎年均等に償却(費用化)する資産。

起業時に使用した費用が、消化(ペイ)できているか読み取れます。

 

② 貸借対照表の貸方「負債の部」

負債の部は、次の情報を読み取ることができる。

 

流動負債

短期(1年以内)に返済可能な負債

 

固定負債

長期(1年以上)に渡って返済する負債

 

③ 貸借対照表の貸方「純資産の部」

純資産の部は、純粋な財産を読み取ることができる。

主に次のもので構成される。

 

資本金

自己または第三者からの出資の額

 

当期利益

当期に稼いだ利益の額

 

繰越利益

前期以前の累積の利益額

 

純資産は、負債と異なり返済不要である。

資本金・当期利益・繰越利益の増加が、純粋な財産の増加につながる。

したがって、自己資本比率が高いほど健全な経営だと読み取れます。

 

一般的には、自己資本比率が40%以上であれば倒産しにくい。

また、50%以上であれば超優良企業だと言われます。

 

自己資本比率が低い場合は、他人資本(負債)の影響を受ける。

それにより、経営が不安定になり兼ねないのです。

 

自己資本比率=純資産÷総資産×100

 

損益計算書は経営成績を教えてくれる

まず、「そんえきけいさんしょ」と読む。

英語ではP/L(プロフィット・アンド・ロス)とも呼ばれます。

 

損益計算書とは、一定期間の経営成績を報告する会計書類である。

 

時点ではなく、期間であることが重要です。

したがって、損益計算書の日付は「○○年〇月〇日から〇〇年〇月〇日まで」と表記される。

 

損益計算書は、期間で表す会計書類だと必ず覚えてくださいね。

 

損益計算書の見方【基礎編】

損益計算書は、事業年度の単位で会社の儲けを示す。

 

損益計算書は、売上高から下方へ向かって内容を見る。

具体的には、次の情報が把握できます。

  • 会社が稼いだ収益
  • 稼ぐためにかかった費用
  • 本業からの稼ぎなのか
  • 副業からの稼ぎなのか

 

ポイント

実際の運用では、月次・四半期・年次で経営成績を把握する。

主に単月ごとの予算実績の把握に利用することが多い。

また、起業時においては見積損益計算書が作成される。

これは1年間の短期予測と5年程度の長期予測を立て経営判断の資料として利用します。

 

損益計算書の読み方【応用編】

損益計算書には5つの利益がある。

  • 売上総利益
  • 営業利益
  • 経常利益
  • 税引前当期利益
  • 当期純利益

 

この利益にはそれぞれ役割がある。

具体的に内容を見ていきましょう。

 

① 売上総利益

売上総利益とは、売上高から売上原価を差し引いた利益を言う。

別名では、粗利益(あらりえき)とも呼ばれます。

 

売上総利益は、本業の商品力で稼いだ利益を表す。

 

飲食店での粗利益は、料理や飲料などの売上高から食材費を差し引いたもの。

その利益は、商品の『原価率』や『利益率』の把握に役立ちます。

 

メモ

売上原価とは、売上に対する原価を意味する。

具体的な算出方法は、次の計算式より求めることができます。

売上原価=期首商品棚卸高+当期仕入高-期末商品棚卸高

 

② 営業利益

営業利益とは、売上総利益から販売費及び一般管理費を差し引いた利益を言う。

 

営業利益は、本業の営業力で稼いだ利益を表す。

 

販売費及び一般管理費は、略称で「販管費」と呼ばれる。

販管費の具体的な内容は、次の通りである

  • 売上が増加するための費用
  • 会社を維持するための費用

 

主な費用を挙げると、

人件費・地代家賃・水道光熱費・広告宣伝費・接待交際費などが該当する。

 

営業利益の把握では、費用対効果や固定費・変動費の影響を読む。

  • 売上が増加するための費用が、本当に効果があるのか確認する
  • 会社を維持するための費用が、経営を圧迫しないか確認する

 

例えば、

売上総利益100円で販管費100円では営業利益0円。

つまり、費用対効果は良くないことになる。

 

または、

売上総利益100円で固定費が70円・変動費が30円では営業利益0円。

つまり、固定費の削減が利益につながる。

 

メモ

固定費とは?

  • 売上の増減に関係なく発生する一定額の費用

変動費とは?

  • 売上の増減によって変動する費用

 

③ 経常利益

経常利益とは、営業利益から営業外収益と営業外費用を加減した利益を言う。

 

経常利益は、本業以外の副業(財務力)で稼いだ利益を表す。

経常利益はよく「ケイツネ」とも呼ばれます。

 

経常利益では、副業(財務力)が本業に与えた影響を読む。

  • 株式配当や預金利息などの営業外収益
  • 手形割引や借入利息などの営業外費用

営業外収益と費用の加減により、本業への影響を把握できます。

 

財務力とは、会社の本業以外の営業活動で稼いだ利益

 

④ 税引前当期利益

税引前当期利益とは、経常利益から特別利益と特別損失を加減した利益を言う。

 

税引前当期利益は、通常ではありえない異常な利益や損失を表す。

 

税引前当期利益では、異常な損益が本業にどの程度の影響を及ぼしたか読む。

  • 土地や建物などの売却益
  • 災害発生などの災害損失

 

⑤ 当期純利益

当期純利益とは、税引前当期利益から法人税等を控除した利益を言う。

 

当期純利益は、最終的に手元に残った利益を表す。

 

次年度以降に会社が自由に使える資金を読む。

  • 当期純利益の内部留保による財務健全化
  • 新商品開発や新市場開拓などの成長戦略への投資

 

貸借対照表と損益計算書のまとめ

貸借対照表をまとめると、財政状態を読み取る会計報告書である。

  • 長期と短期の視点で財政状態を把握する
  • 自己資本比率で経営の健全性を把握する

 

この2つを正しく把握し改善することで、会社の営業継続性が担保されます。

 

損益計算書をまとめると、経営成績を読み取る会計報告書である。

  • 本業の商品力で稼いだ利益を把握する
  • 費用対効果や固定費・変動費の影響を把握する
  • 副業(財務力)が本業に与えた影響を把握する
  • 異常な損益が本業に与えた影響を把握する
  • 会社が自由に使える資金を把握する

 

各利益を正しく把握し改善することで、会社の成長が促進されます。

 

貸借対照表と損益計算書の最大の目的は、会社の経営管理や計画に活かすこと。

そして、日常の経営や営業の改善につなげることが第一なのです。

決して、税務署などの利害関係者に報告するだけのものではありません。

 

また、貸借対照表と損益計算書を月次、四半期、年次で把握することも重要である。

 

1年間の予算損益計算書の作成により、効率的に事業資金を活用する。

そして、事業規模の拡大、節税対策、経営計画の見直しにも繋がります。

 

正しい理解に基づいて経営判断がなされること。

それは、会社が未来永劫に繁栄するために必要不可欠な要因となるのです。

 

クラウド会計

クラウド会計を探しならMoney Forwardがおすすめ!

スマホのアプリを使用したレシート内容の自動に読み取りをはじめ、仕訳データを自動登録、申請チェックなど、経理がラクになる機能が万全。

あなたの経理作業を大幅に削減できますよ。

\ スマホのアプリで完結 /

クラウド経費の詳細を見る

経費精算の作業時間を1/10に!

-経理知識

© 2020 Office SAS